保険のビュッフェの保険相談で知っておきたい「貯蓄型の保険」の注意点

2つある保険のタイプ

保険には掛け捨てタイプと貯蓄型の2種類があります。掛け捨てタイプは満期が決まっており、継続して加入する場合は保険料が変更になることもあります。貯蓄型の保険は終身保険とも呼ばれており、保険のビュッフェではさまざまな保険を紹介し、自分にあった保険を見つけることができます。

しかし保険のビュッフェが紹介できる保険は10社程度しかなく、世の中にはもっとたくさんの保険会社があります。担当者にとっては最良のものを選んでくれていたとしても、保険のビュッフェで紹介されていない保険まで含めると、もっと良いものがある可能性もあります。

 

途中解約したら損をする可能性が

貯蓄型の保険の注意点としては、契約期間が非常に長期、もしくは終身タイプとなることです。長い間契約していれば払った金額以上のリターンがありますが、早ければ損をしてしまいます。貯蓄型のほとんどは固定金利となっていますので、長い契約期間の間に経済状態が改善して金利が上昇したとしても、別の保険や金融商品に乗り換えることが難しくなります。

また、1ヶ月あたりの保険料も、掛け捨てタイプのものと比較すると10倍近くになることもあります。将来を見据えて貯蓄するつもりでない限り、安易に手を出してはいけない保険なのです。